片思いが叶う人と叶わない人の違いは?

1.「相手本位に考えて行動する」か「自分本位」か

片思いが叶う人は、相手の身になって相手本位の行動しますが、叶わない人は自分本位のエゴイスティックな言動をします。
相手のことが好きであればあるほど、とにかく自分の思いを成就させよう、片思いを両思いにしようと考えがちでしょう。その気持ちの強さが、エゴイスティックな行動につながるわけです。
しかし、自分本位になって、「とにかくこの恋を成就させたい。そのためにはどうしたらいいか」を考え、自分本位の言動をすると、それは相手の男性にとっては迷惑に感じられることが少なくありません。
逆に、自分の恋心は二の次に考え、好きな相手男性の立場に立ち、「どうしたら彼を喜ばせることができるだろうか。どうしたら彼を幸せな気持ちにさせられるだろうか」を考え、彼にとってできるだけメリットの大きな行動、彼氏を気分良くさせる言動ができる人が、片思いを叶えることができるのです。
男性は、女性の細やかな心配りや気づかいに弱いもの。そうした心配りや気づかいをするためには、自分本位ではなく、相手本位になる必要があるのです。

2.「少しずつ距離を縮める」か「いきなり告白する」か

片思いの相手の男性と女性が交際をスタートする場合、ベストなのは「片思いの相手男性から告白される」というパターンでしょう。もしくは、「いつのまにか自然に交際していた」というのも、それに準ずる理想的な流れと考えられます。
いずれにしても、自分から告白しないで交際をスタートすることができれば、女性にとってそれに越したことはありません。
ですから、相手の男性と少しずつ距離を縮め、自然な流れに持っていくことができるのが、片思いが叶う女性であり、そうしたステップを踏むことなく、いきなり告白してしまうのが、片思いが叶わない女性ということになるでしょう。

3.「精神的に余裕がある」か「余裕がない」か

女性は積極的にアピールしてくる男性に惹かれる傾向がありますが、男性は違います。あまり、積極的に女性からアプローチされると、惹かれるのではなく、気持ちが引いてしまいがちなのです。
ですから、「頭も心も片思いの彼氏のことでいっぱい状態」という女性にぐいぐいせめて来られると、男性は腰が引けてしまい、敬遠するケースが少なくありません。
それよりも、片思いの恋は恋として、同時に仕事や勉強、友達との付き合いや趣味に関することにも、それなりに心血注ぐことがをできる方が、片思いを叶えやすくなります。
そうした精神的な余裕があれば、ターゲットの男性に「重い女性」と思われるリスクが少なくなるのです。
つまり、片思いが叶う人は精神的余裕があり、片思いが叶わない人には精神的な余裕がないという傾向があるのです。言い換えれば、「片思いを叶えるためには、精神的余裕が必要」ということができるでしょう。

相手本位の言動を心がけること、焦らず、段階を踏んで相手との距離を縮めること、恋愛オンリーの精神状態になることを避けること。これが片思いが叶う人の条件であり、その条件を満たしていないと、片思いが叶わない人になりすいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です