HMBサプリとプロティンの違い

HMBサプリとプロテインはどのように違うのでしょうか?
それぞれの違いを分析してみました。

●筋肉のもととなるタンパク質を豊富に含むのがプロテイン。
プロテインの多くはタンパク質をペプチドに加工した成分を主成分としています。
ペプチドはタンパク質とアミノ酸の中間のような物質です。
それらは筋肉のもととなり、トレーニングによる筋肉増強時の栄養素となります。
つまり、プロテインは筋肉を作るための栄養素を飲んでいるわけで、これには運動することが必要となります。

●筋肉の運動、燃焼から回復、修復、さらには脂肪燃焼まで行えるのHMBサプリ。
HMBサプリは筋肉のもととなる栄養素を含むだけではありません。
筋肉を動かす成分、エネルギー代謝の成分、修復率をアップさせる成分、さらには脂肪燃焼のための成分が含まれています。
つまり、HMBサプリはプロテインはに比べ、私たちの体を筋力面のみならず、ダイエットや若々しさの面からもサポートしてくれるのです。

●さらに、筋肉増強のプロテイン以上の強化成分。
・クレアチン
筋肉の活動のもととなる栄養素です。
クレアチンは赤身魚などにも含まれている成分で、アスリートやボディービルダーのあいだではクレアチンの摂取は常識となっています。

・トンカットアリ
精力増強のための自然ハーブです。
HMBサプリは筋肉やダイエットだけでなく、魅力のある精力的な肉体も作ってくれます。
トンカットアリは昆虫のアリではなく、天然植物の一種です?

・HMB
筋肉の修復率を高めるHMBサプリのメイン成分。
HMBはトレーニング後の筋肉修復や睡眠中な筋肉修復だけでなく、ふだんの活動で壊れた筋肉まで修復してくれます。

・BCAA
BCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンの燃焼系アミノ酸のことです。
筋肉での燃焼のためにかかせないアミノ酸ではありますが、通常の食事から十分な量のBCAAを摂取することは難しいため、サプリメントからの摂取が大切です。

・グルタミン
筋肉の疲労回復を促すアミノ酸です。
HMBの効果で筋肉が修復されたといっても、その筋肉に疲労物質がたまっていてはダイエット効果は薄れてしまいます。
グルタミンが筋肉を元気にし、毎日の疲れを癒します。

・クレアチン
筋肉の活動のもととなる栄養素です。
クレアチンは赤身魚などにも含まれている成分で、アスリートやボディービルダーのあいだではクレアチンの摂取は常識となっています。

●筋肉のもととなるタンパク質を豊富に含むのがプロテイン。
プロテインの多くはタンパク質をペプチドに加工した成分を主成分としています。
ペプチドはタンパク質とアミノ酸の中間のような物質です。
それらは筋肉のもととなり、トレーニングによる筋肉増強時の栄養素となります。
つまり、プロテインは筋肉を作るための栄養素を飲んでいるわけで、これには運動することが必要となります。

●筋肉の運動、燃焼から回復、修復、さらには脂肪燃焼まで行えるのHMBサプリ。
HMBサプリは筋肉のもととなる栄養素を含むだけではありません。
筋肉を動かす成分、エネルギー代謝の成分、修復率をアップさせる成分、さらには脂肪燃焼のための成分が含まれています。
つまり、HMBサプリはプロテインはに比べ、私たちの体を筋力面のみならず、ダイエットや若々しさの面からもサポートしてくれるのです。

ここまで考えると、プロテインとHMBサプリでは、HMBサプリのほうが魅力的といえます。
まだはじめていない方はHMBサプリを飲み、すでにプロテインを飲んでいる方はHMBサプリと併用してみるというのも一つの手です。

参考:HMBサプリとプロテインはどう違うの?特徴と使い方のご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です